企業内データ計量分析プロジェクト

日本語
ENGLISH
サイトマップ
東京大学
ホーム プロジェクト概要 活動状況 シンポジウム・研究会 研究成果 関連論文 リンク
活動状況
活動内容 活動報告
2016年度 2016年度 

活動内容

2013年度

2013.7.13,14 国際ワークショップを開催しました。
 7月13,14日に国際ワークショップ「International Workshop on Personnel Economics in Tokyo」を開催しました。
 
2013.7.12 国際シンポジウムを開催しました。
 7月12日に国際シンポジウム「日本の人事を科学する-グローバル化時代における雇用システムを考える」を開催しました。 MORE
 
2013.7.1 国立大学法人東京大学社会科学研究所と株式会社ワークスアプリケーションズが共同研究契約を締結しました。
 7月1日付で、国立大学法人東京大学社会科学研究所と株式会社ワークスアプリケーションズ(以下ワークス社)が、研究題目「企業内人的資源配分メカニズムの経済分析」について共同研究契約を締結しました。本契約の締結により、「企業内データ計量分析プロジェクト」では、ワークス社の更なる支援の元に、内部労働市場機能の深い理解と、より良い人事制度改革提案に結びつく研究の推進及び成果の社会還元に取り組みます。
 

2014年度

2014.8.22〜 「人事情報活用研究会第1期」がスタートしました。
 産学官連携で人事情報を科学的に活用するための研究会である、「人事情報活用研究会第1期」を、2014年8月より全6回の日程でスタートしました。詳細については、こちらのページをご覧ください。
 

2015年度

2015.11.11〜 「人事情報活用研究会第2期」がスタートしました。
 産学官連携で人事情報を科学的に活用するための研究会である、「人事情報活用研究会第2期」が、2015年11月より全5回の日程でスタートします。詳細については、こちらのページをご覧ください。
 
 

2016年度

2016.9.30 共同研究パートナーであるワークスアプリケーションズ社主催のCompany Forum 2016において、研究リーダーの大湾秀雄教授が、「人事を科学する 〜最前線で戦う人事との実践的共同研究の成果〜」というタイトルで講演を行いました。
 発表資料をダウンロードできます。
 

活動報告

2013年度

7月13,14日に開催された「International Workshop on Personnel Economics in Tokyo」の詳細内容についてはこちらをご覧下さい。 PROGRAM
 
7月12日に開催された国際シンポジウム「日本の人事を科学する-グローバル化時代における雇用システムを考える」の詳細内容についてはこちらをご覧下さい。 報告記事  動画、配布資料
 

2015年度

8月22日に「人事情報活用研究会第1期」の最終報告会を、(四方から自然の光が入り教会のような)農学部のセイホクギャラリーで行いました。自社の人事データを分析して下さった社の発表はいずれも興味深く、大変盛況でした。
発表企業6社中5社が、採用、離職、高齢者雇用といった所謂「人材確保」に関するテーマを選らんだことは、採用市場が厳しさを増す中で、人材の確保が人事の大きな課題になっていることをうかがわせます。
 
最終報告会の様子
 
最優秀賞を獲得された日本航空株式会社の内藤嘉彦さん、大田啓之さん、(大湾教授)、鳥井大地さん
 

  

 

2016年度

8月5日に「人事情報活用研究会第2期」の最終報告会を、農学部のセイホクギャラリーで行いました。2期目に入り、各社の人事データの分析手法もハイレベルなものになり、発表結果も大変興味深いものでした。
発表テーマは、「管理職の多面評価結果の有効性」、「従業員満足度調査の分析―社員属性別に課題を明らかにする」、「上司と部下の関係性が部下のパフォーマンスに与える影響の検証」、「早期離職に至る中途採用者の特徴」、「若年社員の離職に影響を与える要因分析」、 「適性検査結果の分析に基づく採用指針の設定を目指して」 と多岐にわたりました。
 
最終報告会の様子


最優秀賞を獲得されたテンプホールディングス株式会社の大廣貴志さん(発表者、中央)、是友佑太さん(右端)と大湾教授
 

最優秀賞を獲得された日本航空株式会社の鳥井大地さん(発表者、右端)、池田卓司さん(中央)と大湾教授
 
 

コンテンツ
ホーム

line
プロジェクト概要

line
活動状況

line
シンポジウム・研究会

line
研究成果

line
関連論文

line
リンク

line
サイトマップ

パートナーズ

RIETI
WORKS APPLICATIONS

 

東京大学 社会科学研究所